それで終わりじゃないでしょ

はらぺこあおむしのごとき私の齧り跡を並べています

3年目の5月

いまごろゴールデンウイークのこととちょっと近況を。


ゴールデンウイークは前半3日は何もせず家にいました。
そしたら2Kg近く体重が落ちた!  
疲れてくると浮腫む気がしてはいて、でも深刻なレベルではないのだろうし
そもそも浮腫んでないときの体重がどれなのかもわからずなのですが、、
さすがに3日で2Kgってなると、やっぱり浮腫んではいるのよね?と思います。
それともゴールデンウイーク中が利尿剤効きすぎの脱水気味なのだろうか?(笑)

ま、太った太ったと思っているけど
水分が出ればそこまで太ってもいないのかな?とちょっとだけうれしかったです。

仕事始まったらまた体重は増えました(笑)


で、後半は私にしては充実で
実家2か所でそれぞれとごはんを食べ、また夫とドライブがてらノスタルジーツアーをしました。
昔住んでいた地域に行って、住んでいたマンションを見たりして
(懐かしすぎて涙出そうでした)
よく行っていたラーメン屋でラーメンを食べて来ました♪

強烈にしょっぱいラーメン(笑)なので、当時は私は「味薄め」で頼んでいたのですが
久しぶりなのでどんなもんか?と普通でオーダー。(麺はかためで。)
一口目は昔よりマイルドになってる?と思ったりもしましたが、
食べ進めるうちに「あの」しょっぱいラーメンだ!と実感(笑)
家系ラーメンのほうれん草ってほどんど冷凍のクシャクシャのやつだと思うのですが、
ここは地元で採れたほうれん草を使っているのが特徴。
このほうれん草が冷凍に変わってたりしたら幻滅!と思っていたのですが、
ちゃんといきいきしたほうれん草のままでした。
⇩ほうれん草増ししてます。



観光地じゃないので混んでなくて、
私たちだけ楽しめるノスタルジーツアー、おすすめです。
思い出が染みついているものは無条件で愛おしく感じてしまいます(笑)







これはお義父さん弁当!
緑がひとつもない😅




***


そして、今年度から勤務条件が変わりました。
ずっとプレッシャーに感じていた「いつかは週5の通常勤務を..」という人事の意向..。
もう、それを断る確たる理由が私には無い気がしていました。
そして先延ばしにすればするほど、体調に関する懸念はむしろ増加していくと..
ならば、「今まで生きてきた中で一番元気」な今、それを受ける方がいいと..。

正直なところ週4日勤務の中でも4連勤の時はちょっときつい…かな?と思っていたので
不安はあります。
そして「きつい」場合でも特に熱が出るわけでもなく、わかりやすい欠勤の理由がない私なので
いくら「体調が悪ければいつでも休みなさい」と言われても、
私には休むべきタイミングがわからない💦
そして本当に仕事に行けないくらいの体調になったら、長引いてしまう気がする…。
突発の長期離脱ほど迷惑なものはないと思っているのでそれは避けたくて、
そして「休むべく休む」判断ができなさすぎる私なので、、
「体調が悪ければ休む」ではなく、「月に2回あらかじめ日を決めて休む」ことにさせていただきました。
有給を使い切ったら欠勤で、、
でも(私の場合)欠勤が増えようとも評価が下がることはないそうです。

そんな考えのもと、先輩や上司や人事の理解のもと、
がんばってみることにしました。

ありがたいし、ある意味プレッシャーから解放されるけど、
やっぱり不安もある。。
そう思っていましたが、友人に話したら
「じゃあ今までより月に2日、勤務が増えるんだね」と言われて..
そうか!月に2日か!!と、気持ちが軽くなりました。


なんとか、生活がぐちゃぐちゃにならないように、
でもがんばりすぎてヘタらないように、
程よくできたらいいなと思います。


夫にもたくさん助けてもらってます。
ありがたや。。

がんばれ私!!






目つきの悪い猫

自分の感覚への自信のハナシ

私がずっと共に生きてきた、ある感覚について書いてみたいと思います。
これは人に伝えることがすごく難しいので、意味の分かる文章にできるか定かではありませんが。

私は自分の「症状」や「苦痛」に対する自信が全然ありません。
頭痛とか腹痛なら、今自分にそれがあるか否かはわかります。さすがに(?)
ですが、心臓のことに関していうと、、全然自信がないです。

もちろん「私自身が心臓に関してなんら大きな症状も苦痛も無く生きてこれた非常にラッキーな人間である」という側面が一番大きいのだとは思います。
ですが、フォンタン回路の圧も高めでチアノーゼありの時期を長く過ごしてきたけれど、それに対する「症状」や「苦痛」を表現する言葉がみつけられませんでした。
「痛い」訳でもない、「だるい」っていうのは精神的な?怠惰な状態なだけかもしれないし、「息苦しい」っていうのはピンポイントでたまに感じたとしても呼吸ができなくなるわけではないし、「頭痛」はあっても無くても同じように動けて仕事もできるし、「倒れ」たことは一回きり…。
なんとも表現できない自分にしかわからない何かを、「しんどい」「ひぃ」「ヤバい」「眠い」でやり過ごして来ました。そして、それでも自分は死なないことはわかっているから「苦しむ」には値しないような気がずっとしていました。


私が救急外来に行くことができたのも、「脈が160くらいあるっぽい」という正確には数えられていないにしろ一定の客観性を持った事象が起こったからでした。その時の主訴は「不整脈」。客観的だから伝える事ができました。

再手術の後、一般病棟に戻ってから友人たちとLINEをたくさんしました。その時体調が悪い人が多かったようで、「風邪が何週間も続いている」「調子が悪い」「腹痛」「気分が悪い」といろいろな訴え(?)を聞きました。
私は、、、いや、でも病院にいて常に医療者に守られながら過ごしているんだし、、術後の痛みは当たり前だし、それにしてもめちゃくちゃ順調なんだし、、、と思うと、私の心臓手術は友人の風邪よりもチョロいものなのではないかとさえ思えました。


つまり、自分にしかわからない「症状」「苦痛」に対して、「今自分はそれを感じているんだ」という自信というか確信というか、そういうものを信じることができる周りのみんなはすごいなと感じるのです。
私には自分にしかわからない言葉にできない何かを「症状」「苦痛」とみなすことがとても難しいです。



こういうことを人に伝えるのを試みても、
「人の痛みはわからないよ」等と言われます。


そうなの。わからないの。 
だけどそのわからないものを、自分自身はわかって信じてあげられる人たちがいる。だから言葉にできるんでしょう?



私はそれがきっとうらやましいのです。
私は、自分が「生まれつきの自分で生きていること」を苦しむべきではない、私には苦しむことは許されていないというような感覚があるからです。

だけど、苦しんでいることをうらやましがるなんて…と思われることでしょう。

私はきっと本当の意味での苦痛を味わったことは無いんだと思います。


いつか私にも苦しむことが許された時、この自分の戯言を後悔するかもしれません。



***







f:id:harapekoikko:20220417224002j:plain

高尾山に行ってきました。

弱っていたころ、高尾山を登るのが夢でした。

モリモリ元気過ぎる今、リフトの地点から山頂までルートを変えて登って下りてきました。
最高でした。


f:id:harapekoikko:20220417224035j:plainf:id:harapekoikko:20220417224048j:plain

先ほどの戯言は置いておいて、今自分へ「大丈夫」という自信がめきめき戻ってきております。
無理しても大丈夫な実感があります。
というか、以前の感覚での「無理」は今の私にはもう無理ではないのかも。

f:id:harapekoikko:20220417224127j:plainf:id:harapekoikko:20220417224147j:plain
ミヤマカタバミ と ナガバノスミレサイシン ..かな?


大切な時間としてもったいぶらずに自分を動かして充実させたいです。

第23回NHK全国俳句大会

書きたいことを書けずに週末が終わってしまうので、今日はスマホで。

 

第23回NHK全国俳句大会に初めて投句してみてましたが、うれしいことに一句引っかかりました。

「入選」のお知らせが2月に来て、さらに選考を進めて入賞があればまた連絡が来るとのこと…。

やっぱりその後何の知らせも無く入選止まりでしたが、3月末に授賞式も終わって作品集が届きました。

 

 

 

f:id:harapekoikko:20220403223548j:image

 

f:id:harapekoikko:20220403223613j:image

 

ただの入選なのでこんなサイズ感。

でも、自分が目で見たものを表現したくて試行錯誤した句なのでとてもうれしいです。

 

ちなみにこの左ページには母の句が載っています。親子で見開きに一緒に掲載されたのもうれしい。

一昨年の退院直後に、母と観覧に行ったことを思い出します。

 

 

 

去年は「お〜いお茶」にもお気に入りを投句できたので、こちらもひょいっと引っかからないかなーと思っています。

欲を出すとダメそうですけどね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

元気になったから、PMS

久しぶりになればなるほど、ブログに書くほどのことじゃないか..という発想が増幅してさらに間隔が開くというやつをやってます。
(書くほどのことじゃない事しか書いたことのないこのブログ)



私、ずっと生理不順が当たり前でした。
就職した年は半年来なかったし、それ以外でも3か月来ないとかはザラでした。(たぶん)排卵もあったりなかったりで、(たぶん)無排卵の時はダラダラダラダラいつまでも出血が続くし、かと思ってると生理が来たり。生理なのか不性出血なのか区別できないことも多く、かと思ったら汚してしまうほどの急な大量出血があったり。
いつ来るのかは神のみぞ知るみたいな感じだったので、”生理の時期を避けて旅行を計画”とかいう発想をしたことがありませんでした。
だけど出産もできないししないと決めたので、婦人科にかかろうとおもったことはありませんでした。


で、過去形なことからおわかりの通りで、現在はわりと生理周期が整っています。
毎月ピタリと来るわけではありませんが、誤差大きくても10日以内といった感じ。
なぜかというと術後めちゃくちゃ元気だからだと思います。
チアノーゼありでギリギリで生きていた時は、身体がホルモンのリズムを整えるどころではなかったのだと思います。たぶん。


そして今困っていること、というか気づいたこと。。




「PMSってコレですか?」





私は身体的には違和感はあれど苦痛は無い。
ですが、メンタルに手を焼いております。
イライラが止まらない、、
いつもなら流しているハズのちょっとした言葉たちをこれでもかと卑屈に受け取ってしまい、勝手に傷ついて、、
そこで終わればいいものの、攻撃的な卑屈な言葉を口に出さずにはいられない。。
そして自己嫌悪のスパイラル。
自分がコントロールできなくて苦しい..(つд⊂)


「生理周期」を実感するとともに、ホルモンに支配される自分を知りました。

もともと気性が激しいところがあって、夫婦喧嘩とか激しいのですが(夫もお互い様な攻撃性だったり…(笑))
周期がぐちゃぐちゃだから気づかなかったけど、ホルモンバランスの影響もあったのかもしれません。


ということで、四十路を目前にして今頃女性のしんどさを知る私なのでした。


なんとかしなきゃ、、
漢方とか効くのかな??
気分を変えられるアロマとかいいの見つけたいな。。




f:id:harapekoikko:20220326010223j:plain
昂った精神をふにゃふにゃにするおくすり

恒例の打ちのめされ行事と今年のやらかし集 

今さらですが..
あけましておめでとうございます。

今年もぽつぽつとマイペースに書いていこうと思います。


例によって年末年始はワタワタしておりましたが、
オミクロン流行までギリギリ滑り込みセーフ!という感じで
2年ぶりに両親と、義理の父と、そして姉家族とは3年ぶりに一緒にお祝いできました。
なんで3年ぶりかというと、2年前は私の術後ほやほやで元旦は家でおとなしくしていたかったためです。(親戚の集まりもパス)

で、今年(去年)もおせちを作ったのですが、
毎年の一歩進んで二歩下がるもどかしさと母のおせちに打ちのめされております。
母(昨年70代に突入)は29日まで仕事があったのに、
毎年ながら作ったおせちの品数たるやものすごいのです。そして全部超おいしい(娘の感想ですが)。
それに比べて私は28日の午前中で仕事納めたにもかかわらず、
品数は数えるほどで母の作った1/5くらい。。去年より増えるどころか鰤の照り焼きは元旦には間に合わないし。

情けなし...というか母すごすぎ。母、壁すぎ(笑)
高齢の母に技術はもちろん、体力も精神力も愛情も全く敵いません。
と、毎年恒例に打ちのめされて、でもやっぱり次の年もできないんですよね。
まあ、母が衰え始めたらまた別の感情が湧いてくるのでしょうね。
それまでは、せいぜい自分の小物具合を実感しているとしましょうか。


で、私の小物っぷりエピソードがいっぱいあるので、列記したいと思います!


f:id:harapekoikko:20220109121003j:plain

・元旦につくる白味噌のお雑煮に岩混入
煮しめの下茹でした八つ頭からお雑煮用に少しよけて使ったのですが、下茹でしかしてないのに完全に火が通っている感覚になってしまい、ササっと出汁と味噌と合わせて作ってしまいました。⇒ガリガリの岩みたいなモノがお雑煮に入ってました(笑)(笑)
お出汁めっちゃおいしく出来たのに、ホントに自分にがっかり(笑)下茹で後じゃなくて、出汁で煮た後お雑煮用にもらえばよかったんだ…。
ちなみに、八つ頭そのものを入れ忘れた年もあります!
なかなか完成型を味わえない白味噌のお雑煮。私は大好きなんですよね。来年こそ!

f:id:harapekoikko:20220109121735j:plain
いつものおままごとおせち

・栗きんとんの色悪し 
今年はお芋がそんなに大きくなくて、でも(大量にできちゃうので)レシピ通りの量にするために買い足しもせず、ある芋で作りました。お芋の皮を厚~く剥く必要があるのですが、量に心配があったせいか、いつもより甘くなってしまって、、皮近くのちょこっと茶色くなっているところも見逃してきんとんに使ってしまったのです。⇒仕上がりがなんだか黒ずみました..。デリケートめっ!
そしてちょっとゆるかったー。もうちょっと辛抱強く練るんだった。。
しかし、進歩もありまして、今年はつぶつぶザラザラにならずになめらかに仕上げられました!
まさに一歩進んで二歩下がる~♪


・黒豆やっぱり茶色い問題
ちゃんと鉄を入れて煮ているのですが、私の作る黒豆はやっぱり色が抜けがち..。汁は真っ黒(笑)
⇒蓋をちょっとずらして煮詰めながら煮ないと汁に出た色が豆に戻らないよ!と教えてもらいました。本か誰かのレシピで読んだ気がする「蓋のしっかり閉まる鍋でとろ火でコトコト」を忠実に守って毎年色の薄い豆を煮ていた私(笑)汁は煮詰まらずにびちゃびちゃ(笑)(笑)
ちょっとは考えて料理しましょうね…。でも来年は蓋をずらせばバッチリだ!(←なんかのフラグっぽい)
でも丹波黒豆がしっかりやわらかく煮えて味はよかったです!(負け惜しみ)


・なますの味が寝ぼけてるかも
たぶん去年も一昨年も、そう思った気がします私。だからレシピより少し酢を多めにしようと毎年思っているのに…毎年忘れて同じ味を再現しちゃう私(笑)だからここに書いて記憶に残すぞ!


・かまぼこスカスカ事件
買い出し行ってたらそこで力尽きちゃうので、生協で食材頼むのですが…。かまぼこが「冷凍品」の袋に入ってて、、へ~かまぼこって冷凍なんだ?そうなのか~。と思いながら冷凍庫にイン。⇒解凍したらびしょびしょ水が出ていて..かまぼこはが入ってスカスカ(笑)板からも剝がれていて、気づかず包丁入れたらスカッといっちゃって手を切りました(笑)(笑)
配達された食材を取り入れる時、何かがコロリと袋から落ちたんですよね。それを拾って袋に入れたのですが、「冷蔵品」の袋から落ちたかまぼこを「冷凍品」の袋に戻したみたいです、私。だってかまぼこにはちゃんと「冷蔵品」って書いてありましたもん…(笑)


よくここまで色々やらかせるものだと自分でも感心しちゃう。
おかげで爆笑ネタには事欠きませんでした。。



こんなポンコツおせちを持って義実家へ。

f:id:harapekoikko:20220109124407j:plain
2日に鰤照り作って滑り込みイン!

余った隙間に母の「きんかん」をちょこっと入れていきましたら、義理の父は痛く気に入られておりました。
とうちゃん金柑好き。覚えておこう。



そして私のポンコツを愛してくれる友人もおりまして…
今年もおせち弁当お渡しできました♥

f:id:harapekoikko:20220109124747j:plain
高級食材入ってなくてゴメン(;'∀')



次は肉系も作りたい..って毎年言ってる。。
がんばれ、、今年の年末の私…!!!
そしておせちに取り掛かる前にこの記事を読みなおすのだ!年末の私よ。



f:id:harapekoikko:20220109124949j:plain
おでぶ

凡庸な私にコスメを

クリスマスに夫婦でプレゼントを贈りあうという習慣?なんて
結婚3年目くらいでフェードアウトして久しいけれど。
フェードアウトしたことすら気づかない夫(何も考えてナイ)がぽつりと言った。

「クリスマスになんか化粧買ってあげるよ」

!!!!!!


コロナ禍で日々に追われて特別楽しいことをすることもなく、
毎朝の朝ドラとメイク(コスメ)にはまった私(笑)
キラキラのクリスマスコフレ情報を見ては、
「かわいい~欲しい~クリスマスに買って~」と冗談で言っていたのだが、
知らぬ間に夫の潜在意識に刷り込み成功していたらしい。


高くてキラキラで欲しいけどポチする勇気の出ないコフレたちは
そのころ既に売り切れていましたが、、
せっかくだから特別感のあるものを買ってもらおうと思って、コレにしました。

f:id:harapekoikko:20211211132025j:plain

ジバンシイのプリズムリーブルブラッシュとおまけのポーチ&ミニリップ。
コフレじゃないけど@コスメのBEAUTY DAY限定セット。テンション上がる~。
ジバンシイの9色のアイシャドウと赤いポーチが欲しかったケド迷ってるうちに逃した(笑)

この可愛すぎるチークもさることながら、リップがミニのくせにベロアでめちゃかわいい。
ポーチは大きめなので旅行の時とかに使う予定です。


ちなみに夫は磁気ネックレスが欲しいというので買ってあげました。
(あんなの意味あるのかな??おまじないみたい(笑))


 
で、自分で買うと決めていた唯一のクリスマスコスメはこれ。

f:id:harapekoikko:20211211132953j:plain
可愛すぎる(*´Д`)
f:id:harapekoikko:20211211133026j:plain
早く使いたい!!!

NARSのアンラップドなんとかの限定アイシャドウ。
この色が欲しかったけど日本で販売無いのかな?と思わせてからの、
@コスメ限定販売ときた。
このアイシャドウ欲しさに@コスメにユーザー登録しました。
企画側の思うつぼな奴・・・


一番化粧が映えたであろう年頃は、生きるのに精いっぱい過ぎてこんな楽しみ知らなかった。。
今さら衰え著しいおばはんになってから、、こっそりと女子を楽しみなおしてます。
イタイ人なのかなー(笑)







***


この前のおでん。

f:id:harapekoikko:20211211134348j:plain
大根ぎっしり
f:id:harapekoikko:20211211134414j:plain
二人分の量じゃない
f:id:harapekoikko:20211211134439j:plain
翌日…増える。

帰宅したら、夫に油抜きもせずに練り物と巾着をぶち込まれていたの図。

うぉ~~~い!

...ま、いっか。サンキュー。
 

と、ゆるくなれるので疲れて帰るのも悪くない。

10周年を言い訳に楽しいことしてきました

はてなブログ10周年特別お題「10年で変わったこと・変わらなかったこと




先日結婚10周年を迎えました。

ちょうどいいタイミング(?)で、全国的にコロナが落ち着いていて..
ちゃっかり!と旅行に行ってきました。

「今行かなければいつ行くのだ!」とばかりに計画&手配を進めましたが、
予約を済ませた後、得も言われぬ怖さが襲ってきました。
私の場合はコロナが始まる約1年前に退職して療養中の引きこもりになっていたので(主に金銭的理由で引きこもってたんだけど(笑))、あまりに長い間引きこもりすぎたからなのでしょうか?

こわいこわいと言いつつも、コロナ再燃の様子も見られずに旅行の日を迎えることができました。




新婚旅行以来の飛行機に乗り、九州へ!

大分空港からレンタカーで別府の地獄めぐり。
鬼石坊主地獄と海地獄とかまど地獄に行ってみました。
大地のエネルギー!すごいなぁ。

f:id:harapekoikko:20211114124734j:plainf:id:harapekoikko:20211114124812j:plain
f:id:harapekoikko:20211114124928j:plainf:id:harapekoikko:20211114124949j:plain
f:id:harapekoikko:20211114125004j:plainf:id:harapekoikko:20211114125020j:plain



そして由布院へ移動し、全室離れで源泉かけ流し露天風呂付の宿に泊まりました。

お部屋の露天風呂がめちゃくちゃよかったです。。(写真撮ればよかった。)
チェックイン後、夜、朝、さらに身支度中に歯磨きしながら足湯もしちゃいました。

ごはんも個室でゆっくりのんびりしっぽり温泉を堪能できました。
調子に乗ってビールをグラス1.7杯くらい飲んだら大失敗でした。
バクバクしんどかった…(笑)

f:id:harapekoikko:20211114125815j:plain
お宿のフロントを出てお部屋へ向かうときの景色

翌日はまず由布院の中心部をちょっとお散歩。
お土産に柚子胡椒とか買って、金鱗湖までぐるっと一周。

f:id:harapekoikko:20211114130913j:plain


そして(夫が)車を走らせ、耶馬渓へ。
紅葉には少し早いながらも色づき始めていて、お天気も良く最高でした。
(観光客の年齢層が高かったです(笑))

f:id:harapekoikko:20211114131800j:plainf:id:harapekoikko:20211114131818j:plain
「夫婦」とか「烏帽子」とか、岩に名前がついていました
f:id:harapekoikko:20211114132417j:plain
これがコンデジと私の限界です
f:id:harapekoikko:20211114132544j:plain
一目八景展望台からの景色 パノラマすぎて写しきれません


さらに移動して、競秀峰と青の洞門へ。

f:id:harapekoikko:20211114133209j:plain
Google photoが合成してくれたパノラマ写真
f:id:harapekoikko:20211114133358j:plainf:id:harapekoikko:20211114133416j:plainf:id:harapekoikko:20211114133432j:plain
青の洞門を掘ったという禅海和尚像(後ろ姿ゴメン)と菊池寛と手彫りの洞門内

青の洞門に伝わる話を題材に書かれたという菊池寛の「恩讐の彼方に
読んでみたくなって先ほどポチりました。
先に読んだ方が楽しめたかな??



そしてレンタカーを走らせ博多へ。
夫の希望である博多グルメに向かいます。

2泊目はケチってビジネスホテルにしました。狭かった~(笑)

f:id:harapekoikko:20211114134229j:plainf:id:harapekoikko:20211114134245j:plain
かわ乃さんでもつ鍋!


〆に屋台でラーメン!...ができるほどの消化能力を持ち合わせていない私たち。




夫がガイドブックを読み込んで出した答えが朝ラーメンでした✨

f:id:harapekoikko:20211114134945j:plainf:id:harapekoikko:20211114135003j:plain
元祖長浜屋長浜ラーメン

思いのほかあっさりしたスープですごくおいしかったです。
チャーシューは塩味が強くてびっくりしましたが、このあっさりスープの中で良いアクセントになっていました。
途中で紅生姜とゴマをいれて…。でも私は紅生姜入れない方が好みかも。「紅生姜味」になっちゃうのが残念な感じ。
替え玉できるお腹の余裕があれば、替え玉のラスト6割くらいになったら紅生姜投入したいかな(妄想)。



また少しドライブして糸島へ行ってみました。

f:id:harapekoikko:20211114135801j:plain
そしてここにも「夫婦岩」(笑)

糸島は..「映えスポット」って感じかな?
私にはあまり魅力がわからなかった(失礼)。
太宰府天満宮に行った方がよかったかもですが、夫は社寺仏閣に興味ないしなぁ。



で、早めに福岡空港へ。
お土産いろいろみてからの~

f:id:harapekoikko:20211114140136j:plain
食べてみたかった因幡うどん

お出汁とやわ麺がやさしいおいしさでした。




そんなこんなで満喫して岐路につきました。





…あ。全然テーマに沿ってない。

10年で変わったこと、、いっぱいあるけども、
いつも仲良くはできないけれど、
いつ何時も一触即発で離婚しそうになりながらも(笑)、
10年変わらず夫婦が続いていてよかったな。と思っています。(無理やりこじつけた感)



f:id:harapekoikko:20211114140753j:plain

関係ないケド👆のトレンチコートも10年以上一緒です。もう11年かな?
トレンチ大好きなので、バーバリー三陽商会)で袖と裾の丈をお直ししてもらって10年着よう!と購入したものです。
古びてはきたけど、まだまだ現役で着れそうですね。
次にクリーニング出すときは染み抜きしてもらおう♪
ライセンス契約終了しちゃったから、バーバリーはもうホントに手が届かなくなっちゃいました…。大事に着よう。。


という謎の余談で終わろうと思います。

ちなみに上の写真、顔隠してはいるけどかなり雰囲気が出ているので知人がみたらバレそうです。